1. お金借りるHOME
  2. お金借りる
  3. ≫無職がお金借りる方法を知りたい!おすすめの方法が5分でわかる

無職がお金借りる方法を知りたい!おすすめの方法が5分でわかる

無職でお金を借りる方法
この記事はでは、「無職がお金借りる方法」を紹介しています。

無職ですと、「審査に通らないから借入できないかも?」と不安になるかと思います。

しかし、無職でもお金を借りる方法はきちんとあるのです。

当記事を読めば、5分くらいであなたに最適な借入方法がわかりますので、ぜひ参考にしてください。

無職でも収入があるなら「カードローン」がおすすめ

JAカードローン
無職でも次のような収入があるなら、「カードローン」が利用できる可能性があります。

・不動産
・ネットビジネス(アフィリエイト・YouTuber・せどり等)
・投資

カードローンとは、専用のローンカードを使って借入ができる個人向けの融資商品です。

使いみちが自由であり、限度額の範囲内で何度でも利用できるのが特徴。

資スピードも早く、消費者金融なら即日融資も期待できます。

審査難易度も高くはないため、何らかの形で毎月収入があるのであれば、無職でも利用できる可能性があるのです。

そのため、無職でも収入があるなら、以下のようなカードローンの利用を検討してみてるのがおすすめです。

カードローン名金利限度額
アイフル年3.0%~18.0%最大800万円
アコム年3.0%~18.0%最大800万円
プロミス年4.5%~17.8%最大500万円
SMBCモビット年3.0%~18.0%最大800万円
レイクALSA年4.5%~18.0%最大500万円

収入がない無職でもカードローンで借入できるケースがある

収入がない無職ですと「返済能力がない」と判断されてしまうため、通常はカードローンの審査に通りません。

しかし、以下の場合は例外的に審査に通過できることがあります。

・配偶者貸付を採用している消費者金融
・一部の銀行カードローン

詳しくは次章よりお伝えいしていきます。

配偶者貸付を採用している消費者金融

消費者金融の中には、「配偶者貸付」という制度を採用している業者があります。

配偶者貸付とは、夫婦間の年収合計の1/3を借入できる制度です。

例えば、以下のように夫婦間の年収合計が500万円だとすれば、その1/3の166万円を上限として借入できるというわけですね。

夫:500万円
妻:0円
夫婦の年収合計:500万円
配偶者貸付で借入できる上限額:166万円

よって、申込者自身に収入がなくても配偶者に収入があれば、その1/3まで借入が可能なのです。

ただし、配偶者貸付を利用するためには配偶者の同意書や収入証明が必要です。
他人に内緒で借入できないので注意しないといけません。

そんな配偶者貸付を採用している業者で有名どころは、「ベルーナノーティス レディースローン」となります。

【■ベルーナノーティス レディースローンの特徴】
・金利 年4.5%~18.0%
・限度額 最大300万円
・審査時間 最短30分
・融資時間 最短24時間以内
・無利息期間 借入の翌日から14日間

一部の銀行カードローン

一部の銀行カードローンは、収入のない専業主婦でも配偶者に収入があれば審査に通ることがあります。

例えば、以下のようなカードローンですね。

・楽天銀行カードローン
・イオン銀行カードローン
・新生銀行スマートカードローン プラス

銀行カードローンの場合、配偶者貸付とは異なり、配偶者の同意書や収入証明は不要なことが多いです。

そのため、他人バレを気にすることなくて借入が可能です。

上限金利の相場が14.0%台なため、消費者金融よりも低金利で借りやすいのも魅力ですね。(消費者金融の上限金利は18.0%が相場)

カードローン以外ならをこの7つの借入方法を検討してみよう

ここからは、収入のない無職でも利用できるカードローン以外のお金借りる方法について紹介していきます。

利用しやすい借入方法を厳選して選んでいますので、ぜひ参考にしてください。

質屋

質屋では品物を担保にすることで借入をすることが可能です。

品物を担保にするため審査はありませんし、その場ですぐに借入できるのがメリットです。

ブランド品のバックや財布、腕時計、貴金属などの担保にできる品物がある人は検討してみてください。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードのキャッシング機能を使って借入するという手も有効です。

クレジットカードのキャッシング機能は付属済みなら、審査なしで借入できるため、収入の有無は関係ないからです。

多くのキャッシング機能はコンビニや銀行のATMで利用できるため、すぐに借入できるという点も魅力になります。

生命保険の契約者貸付制度

保険会社には「契約者貸付制度」という借入方法があります。

契約者貸付制度とは、「解約返戻金(カイヤクヘンレイキン)」の範囲内でお金が借りられる制度です。

解約返戻金は保険を解約したときに戻ってくるお金のこと。

おもに、終身保険や養老保険、個人年金保険などの積み立て型の保険に適用されます。

契約者貸付制度には審査がないため、収入の有無も関係ありません。

金利の相場が年2.0%~6.0%と良心的なのも魅力です。

年金担保貸付制度

年金を受取っている人は「年金担保貸付制度」が利用できます。

年金担保貸付制度とは、年金を担保にお金が借入できる制度です。
貸付条件は以下のとおり。

・金利 年2.8%
・融資額 10万~200万円(生活必需物品の購入の場合は10万~80万円)

年金を担保にするため審査はあってないようなものであり、返済は年金からの天引きとなるため、収入がなくても問題ありません。

「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示された銀行、信用金庫、信用組合で年金を受取っていれば誰でも利用できます。

リバースモーゲージ

持家がある高齢者の人は「リバースモーゲージ」で借入するという手もあります。

リバースモーゲージとは、不動産を担保にして借入するローンです。

通常の不動産担保ローンとはことなり、お金を借りたあとも担保にした不動産は契約者の死亡後まで手放す必要がありません。

このため、借入後も現在のお住まいに住み続けることが可能です。

「愛着のある住まいに住み続けたいけど、担保にしてお金を借りたい」というような高齢者向けのローンですね。

そんなリバースモーゲージは次のような銀行で取り扱いしています。

・三井住友銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・東京スター銀行
・楽天銀行
・横浜銀行

内定者向けローン

内定が決定しており、以下のような費用が必要なら「内定者向けローン」にも目を向けてみましょう。

内定者向けローンとは、その名のとおり内定決定者に融資をするローンです。

特徴は返済が初任給の受取後にはじまる点。
よって、現在は無収入であっても内定が決定していれば、審査に通る可能性があります。

金利も年5.0%以下が相場なので良心的です。

そんな内定者向けローンを取り扱いしているのは、信用金庫と労働金庫になります。

生活福祉資金貸付制度

「生活が苦しくて明日の目処も立たない・・・」というような人は、「生活福祉資金貸付制度」が最適です。

生活福祉資金貸付制度とは、低所得や高齢、障害などが理由で生活に困窮している世帯に融資をし、自立をサポートする制度です。

厚生労働省の制度であるため、以下のようにとても低金利で借入できます。

連帯保証人あり→ 無利子
連帯保証人なし→年1.5%

そんな生活福祉資金貸付制度を利用するには、「市区町村の社会福祉協議会」に相談する必要があります。

制度の細部がお住まいの地域によって若干異なるケースもありますので、詳しく知りたい人は、市区町村の社会福祉協議会に相談するようにしてください。

無償でもお金を借りる方法まとめ

無職でも何らかの形で収入があるのであれば、まずは「カードローン」の利用を検討してみましょう。

カードローンは申し込みの敷居が低く、審査のハードルもそこまで高くないため、借入できる可能性があります。

また、次の2つのカードローンであれば、収入がない人でも借入できる可能性があると知っておきましょう。

・配偶者貸付を採用している消費者金融
・専業主婦OKの銀行カードローン

カードローンを利用できそうにない場合は下記の借入方法を検討してみてください。

・質屋
・クレジットカードのキャッシング枠
・生命保険の契約者貸付制度
・生活福祉資金貸付制度
・年金担保貸付制度
・リバースモーゲージ
・内定者向けローン

上記であれば、収入の有無は関係ありませんので、収入がない無職の人でも借入できる見込みが十分あります。

お金借りる コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。